利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 研究報告書・出版物 > 地域におけるインバウンド観光マーケティング戦略

研究報告書・出版物

地域におけるインバウンド観光マーケティング戦略

NIRA研究報告書0701 2007/12発行

総合研究開発機構 発行

kanko  本報告書は、都道府県等において国際観光戦略を策定する際の手引き書(マニュアル)を目的とした、 都道府県との共同研究「外国人観光客の行動特性と地域における国際観光戦略」の成果である。
 本報告書の冒頭の「フローチャート」において、国際観光戦略を構築し、実施していく一連の業務を整理した。このフローチャートは、 既存のフローチャートよりも全体の手順が把握できるものとなっている。次の「チェックリスト」では、フローチャートのステップごとに、 具体的にどのような検討を行うのか、チェックすべき項目と、そのポイント・重要事項をまとめている。このリストに従って作業を進めれば、 地域の国際観光戦略が作成できるほか、既存の国際観光戦略のチェックも可能である。また、韓国・台湾・中国・ 香港における訪日旅行商品の造成・流通構造も、初めて詳細に明らかにしている。

目次:
 国際観光戦略策定・実施のためのフロー(図1)、
 国際観光戦略検討のためのチェックリスト(図2)
 要約
 第1章 マーケティングの視点に立った国際観光戦略の展開に向けて
 第2章 想定市場の分析(外部環境)
 第3章 自地域の分析(内部環境)
 第4章 ターゲットと誘客目標の決定
 第5章 具体的な戦略の決定
 第6章 受入態勢・受入環境整備の戦略
 第7章 地域におけるインバウンド観光推進体制の構築
 第8章 まとめと今後の課題

2007年7月発行、A5判・342ページ、ISBN978-4-7955-6448-0

ポリシーブリーフ [PDF/318.3 KB]

このページのトップへ