利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 研究報告書・出版物 > 日本経済の「いま」がわかる11のトレンド

研究報告書・出版物

日本経済の「いま」がわかる11のトレンド

単行本 2007/07発行
伊藤元重 責任編集、総合研究開発機 構編
講談社発行
執筆者:伊藤元重、伊藤隆敏、植田和男、下井直毅、木村福成、山田俊男、椋 寛ほか

nihonkeizaiNIRA政策レビュー・シリーズから、11の特集テーマを選択し、 伊藤元重NIRA理事長の解説と専門家の見方、関連データ分析を収録しました。
日本と世界の大変化を生き抜くために、押さえるべき11のトレンド 知っておくべき44の視点、日本の「いま」 がズバリわかるグラフ63点を収録。


目次:
 1.インフレ・ターゲティングの考え方
 2.世界のFTA/EPA潮流を読む
 3.所得格差の構造を解く
 4.中国経済はどうなるか
 5.エネルギー問題の未来と可能性
 6.日本の経常収支に構造的な変化が起きている
 7.「観光立国・日本」と「美しい国土」の再生
 8.地方分権と地方の危機
 9.アメリカ経済への楽観と悲観
 10.都市の変貌と商業の盛衰
 11.イノベーションが日本経済の命運を握る

2007年7月発行、四六判・342ページ、ISBN 978-4-06-214013-3、定価 1785円(本体1700円)

本書は、一般書店でお求めいただけます。

このページのトップへ