利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 国際標準化の問題とアジアへの展望

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

国際標準化の問題とアジアへの展望

NIRAモノグラフシリーズNo.30 2009/11発行
森 直子(NIRAリサーチフェロー)

グローバル経済化のなかで、国際標準化をめぐる動きは活発化し、経済の死活問題に直結する大きな課題となっている。 本論では近年の国際標準化の問題点を3つ取り上げ、日本やアジアが直面する問題を考察する。
第一の問題点は、「国際標準」が特定地域など偏った利益を代表することがあり、それが貿易阻害を助長する事態まで生じていることである。
第二の問題は、世界統一標準を設定するなかで消費者便益を公平に保護する難しさの問題である。
第三の問題は、国内標準と国際標準の整合化、及び調整過程で必要となる膨大な労力の問題である。
このうち、後者二つに関しては、日本は、そもそも国内標準に消費者便益保護が体系的に取り入れられていない、また、膨大な労力の背景にある 「縦割り行政」による弊害といった国内問題を克服せねばならず、苦しい立場での行動を迫られている。
第一の問題に対しては、日本は他の国のように挙国一致体制での戦略的対応がとり難く、集中的に人材、 費用を投資することへのコンセンサスが形成できずに苦慮している。しかし、こうした状況は、かえって日本が、混乱した状態にある「国際標準」 の問題を整理し、国際貿易の円滑化と国際標準化とをバランスよく促進していくための議論を主導することを可能にすると思われる。 国際標準化におけるアジア諸国との連携も、国際標準の課題解決の議論を、共に世界に問いかけていくことで築かれる。

要旨
1.国際標準化の今日的問題
2.国際標準が急速に変化した
(1)「標準化」は中立的ではない
(2)国際的「先取り標準」の登場
(3)「国際標準」の内容変化
(4)「●▲国株式会社」化が進む
3.国際標準化の3つの問題
(1)「国際標準」が貿易阻害要因に
① 地域エゴが国際標準に昇格する
② 地域性の保護と国際標準化の難しいバランス
(2)製品安全性の国際標準化と消費者便益の不一致
(3)国際標準への整合化過程での混乱
① 国内制度の調整
② 国内標準の再整備 ―「国際化」を進める
4.国際標準化の流れにどう対処するのか
(1)「●▲国株式会社」化には迎合しない
(2)国際標準とWTO/ TBT協定の関係を見直す

 

このページのトップへ