利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 日本のアジア外交を考えるために

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

日本のアジア外交を考えるために

NIRAモノグラフシリーズNo.01 2007/05発行
白石隆(政策研究大学院大学副学長)

冷戦後、特に小泉政権時代に、日米同盟はグローバルな意義をもつようになった。そのため日本のアジア政策を考えるときにも、 その大枠として日米グローバル・パートナーシップのあり方を適切にとらえておくことが重要である。

2007年5月発行

このページのトップへ