利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRA政策フォーラム > 食の安全・安心とアジア市場

わたしの構想

食の安全・安心とアジア市場

NIRAフォーラム 2009/09発行
下渡敏治(日本大学教授)、日佐和夫(東京海洋大学教授)、大槻恒裕(大阪大学准教授)、江藤学(一橋大学教授)、柳川範之(NIRA理事・ 東京大学准教授)

NIRAで実施中の研究プロジェクト「アジア経済活性化戦略」の関連テーマとして、 プロジェクトリーダーを務める柳川範之NIRA理事を含む有識者の方々に、アジアにおける食の安全・ 安心のための基準づくりについて議論していただいた。
議論のポイントは、①アジアにおいて生活者の視点に立った食の安全・安心の標準化が必要ではないか、②食の安全・安心の標準化のメリット、 デメリットは何か、③アジアで標準化を進めていくうえでの仕組みや日本の役割は何か、④工業製品における標準化から学ぶことはできないか、 である。


■フォーラム報告「食の安全・ 安心とアジア市場」
東アジア・ フードシステム圏の構築を国家戦略とせよ  下渡敏治氏
現地の生活者の視点に立った標準化の必要性  日佐和夫氏
標準化の促進は科学的な根拠をもとに  大槻恒裕氏
食品の安全・ 安心で世界ブランドを確立する  江藤 学氏
安全・ 安心の確保でアジアの活性化を  柳川範之

<関連頁>
■プロジェクト概要-アジア経済活性化戦略


NIRAフォーラムは、 NIRAの研究成果やその時々の重要な政策課題について、 数名の識者による多様な観点からの議論を通じて、 新たな政策課題の抽出、問題解決、 政策実現のためのアプローチなどを探るものです。今回のフォーラムは、 2009年7月28日に実施されました。

このページのトップへ