利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー

   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
      NIRA総研メールマガジン
  (Vol.135/2016年8月号)
   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

──────────────────────────────

TOPICS
 ▼Voice9月号に「若者の政治参加を促す法」が掲載されました。
 ▼NIRAモノグラフシリーズを1件公表しました。

──────────────────────────────

◆Voice9月号「若者の政治参加を促す法」
 8月10日発売の月刊誌『Voice』9月号(PHP研究所)に、NIRA総研理事谷口将紀
(東京大学教授)および5名の識者による論考「若者の政治参加を促す法」が掲載
されました。
 若者の投票率の低下は世界中で共通の課題です。識者からは、若者に政治参加
を促すためには、「義務投票制」の導入や、政治教育を充実させる必要があると
の意見が出されました。また、中高生に政策実現の権限をもたせることで当事者
意識を醸成する地方自治体の取り組みも紹介しています。

<識者>
網谷 龍介 津田塾大学学芸学部 教授
河野 武司 慶應義塾大学法学部 教授
見世千賀子 東京学芸大学国際教育センター准教授
時田 博機 山形県遊佐町長
牧野 百男 福井県鯖江市長
*原稿掲載順
<企画>
谷口 将紀 (NIRA総研理事)
 ※本稿は、NIRA「わたしの構想」シリーズとの連携企画です。

https://www.php.co.jp/magazine/voice/


◆NIRAモノグラフシリーズNo40「職業特性と高齢者特性」
-現役世代への意識調査から見えてくるもの-
 労働人口が減る日本ではシニアの活躍が重要になります。NIRA総研では各職業
と高齢者の特性に着目したアンケート調査を行い、現在のシニアの働き方を分析
しました。その結果、今のシニアは高齢者の優位性が生かされない職業に多く従
事しているというミスマッチがあることがわかりました。

<著者>
伊藤由希子 東京学芸大学准教授/NIRA総研客員研究員
西山 裕也 NIRA総研主任研究員

http://www.nira.or.jp/outgoing/monograph/entry/n160831_825.html


=========================================
▼バックナンバーはこちらから
 http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html

▼本メールマガジンの解除はこちらから
 http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
=========================================

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 公益財団法人NIRA総合研究開発機構
 E-mail  emag@nira.or.jp (NIRA総研メールマガジン担当)
 ホームページ http://www.nira.or.jp/index.html
 公式Facebook http://www.facebook.com/nira.japan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇
※当メールマガジンでは、ファイルの添付は一切行いません。
 当構を装った不審なメールに注意ください。

このページのトップへ