利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー

   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
      NIRAメールマガジン
  (Vol.113/2014年10月号)
   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

──────────────────────────────

TOPICS
 ▼Voice11月号に「続・中核層の時代に向けて」が掲載されました。

──────────────────────────────

◆Voice11月号「続・中核層の時代に向けて~地方を創生するのは誰か」

 10月10日発売の月刊誌『Voice』11月号(PHP研究所)に、谷口将紀東京大学教授、
宇野重規東京大学教授、牛尾治朗NIRA会長による「続・中核層の時代に向けて~
地方を創生するのは誰か」が掲載されました。
 本稿では、自ら積極的に社会を支えようという人を「中核層」と位置づけ、人口減少に
悩む基礎自治体は、中核層と協働して「公共サービス」を提供することで事態を打開すべき
と主張しています。なかでも、地方都市では、ITを駆使することで中核層が自治体を越えて
活動しやすくなるよう、水平補完を進めるべきと提示しています。 
なお、本稿は、PHP Biz Online衆知(PHP研究所)のサイトでも、オンラインでご覧いただけます。


(PHP Biz Online衆知(PHP研究所))

続・中核層の時代に向けて~地方を創生するのは誰か〔1〕
 http://r18.smp.ne.jp/u/No/347849/JaozA9GFdHJ8_6429/347849_141031001.html

続・中核層の時代に向けて~地方を創生するのは誰か〔2〕
 http://r18.smp.ne.jp/u/No/347849/IG681kGFdHJ8_6429/347849_141031002.html


======================================================
▼バックナンバーはこちらから
 http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html

▼本メールマガジンの解除はこちらから
 http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
==============================================

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 公益財団法人総合研究開発機構(NIRA)
 E-mail  emag@nira.or.jp(NIRAメールマガジン担当)
 ホームページ http://www.nira.or.jp/index.html
 公式Facebook http://www.facebook.com/nira.japan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

このページのトップへ