利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー

   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
      NIRAメールマガジン
  (Vol.110/2014年7月号)
   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

──────────────────────────────

TOPICS
 ▼ わたしの構想を1件公表しました。

──────────────────────────────

◆ わたしの構想No.4「今こそ問う、日本の財政規律」

 日本は、巨額の財政赤字を抱えており、収支均衡の見通しは立っていません。
継続的な財政再建がなければ2060年度には債務残高がGDPの4倍に達するとの試算もあり、
危機的な状況です。では、日本の財政規律を守るためには、どうすればよいのでしょうか。
本号では、日本政治学、財政学、福祉政治学の研究者、財務大臣等の主要閣僚を歴任した
政治家、事務次官経験者が、国民がその危機意識を共有することの重要性、抜本的な
税制改革の必要性などを指摘しています。

 <識者>
 加藤 淳子 東京大学大学院法学政治学研究科教授
 井堀 利宏 東京大学大学院経済学研究科教授
 与謝野 馨 学校法人文化学院院長、元財務大臣
 宮本 太郎 中央大学法学部教授
 江利川 毅 埼玉県立大学理事長、(公財)医療科学研究所理事長

 http://www.nira.or.jp/outgoing/vision/entry/n140701_736.html


======================================================
▼バックナンバーはこちらから
 http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html

▼本メールマガジンの解除はこちらから
 http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
==============================================

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 公益財団法人総合研究開発機構(NIRA)
 E-mail  emag@nira.or.jp(NIRAメールマガジン担当)
 ホームページ http://www.nira.or.jp/index.html
 公式Facebook http://www.facebook.com/nira.japan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

このページのトップへ