利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー



        ■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        □■                     ┃
        ■     NIRAメールマガジン      ┃
        ┃    (Vol.90/2012年3月号)   ■
        ┃                     ■□
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

──────────────────────────────────
TOPICS
 NIRA政策レビュー「震災からの復興に向けた課題」
 NIRA研究報告書「データが語る被災3県の現状と課題」

──────────────────────────────────
NIRA政策レビュー No.56「震災からの復興に向けた課題」

東日本大震災の復興の経験を踏まえて、危機管理体制について伊藤理事長が
再検討の重要性を提起しました。

それを受けて、牧原氏は宮城県・岩手県へのヒアリングによるなまの声をもとに
災害の性質に応じた実働部隊の応援要請のあり方等について、澤田氏は正確な
被害額の把握や緊急事態の情報収集のマニュアル作成が迅速な施策につながる等、
今後の大規模災害に活かすべく提言をしています。

  伊藤 元重 NIRA理事長 
  牧原  出 東北大学大学院法学研究科/公共政策大学院教授
  澤田 康幸 東京大学大学院経済学研究科教授

 http://www.nira.or.jp/president/review/entry/n120217_625.html

──────────────────────────────────
NIRA研究報告書「データが語る被災3県の現状と課題
                    ―東日本大震災復旧・復興インデックス(2012年3月更新)―」

2011年9月、12月に公表した、大震災で津波被害を受けた当該地域(被災37市町村・県)
を対象として復旧・復興状況の推移の指標を更新しました。

今回の調査では、昨年夏以降からがれき処理等の生活基盤の復旧のペースが鈍くなっ
ており、原発の影響で福島県で特に復旧が遅れている、との結果をまとめています。
 
  研究メンバー
  市村 英彦 東京大学大学院経済学研究科教授
  柳川 範之 NIRA理事・東京大学大学院経済学研究科教授
  澤田 康幸 東京大学大学院経済学研究科教授ほか

 http://www.nira.or.jp/outgoing/report/entry/n120308_632.html

──────────────────────────────────
○ NIRAパブリシティ(伊藤理事長執筆記事、NIRA研究報告書
紹介関連記事)はこちらから

  http://www.nira.or.jp/journalism/index.html

○ NIRA政策レビューの最近の刊行はこちらから

 http://www.nira.or.jp/president/review/index.html

○ NIRA対談シリーズの最近の刊行はこちらから

 http://www.nira.or.jp/president/interview/index.html

○ NIRA研究報告書の最近の刊行はこちらから

 http://www.nira.or.jp/outgoing/report/index.html

○ 国内シンクタンク情報はこちらから

 http://www.nira.or.jp/network/japan/index.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

研究報告書、政策レビュー、対談シリーズ等についてのご感想・ご意見等を
お寄せください。
 担当:メールマガジン担当 emag@nira.or.jp
公益財団法人 総合研究開発機構(NIRA)  http://www.nira.or.jp/index.html

 □バックナンバーは
    http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html
   をご覧ください。
 ■ご不要な場合には
  http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
  で受け付けています。もしくは下記のアドレスまで御連絡ください。
  emag@nira.or.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このページのトップへ