利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー

      N┃I┃R┃A┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃ 
     ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
            Vol.64/2010年1月号

◆◇◆目 次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

1.TOPICS………  理事長メッセージの更新
                       「シンクタンク情報2010」調査結果の概要
                        研究プロジェクトの開始

◆◇◆TOPICS━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□理事長メッセージの更新□
NIRAが財団法人に移行して2年が経過しました。これを機に、伊藤元重理事長
のメッセージを更新しました。日本の社会も大きく変化している中でシンクタンク
の役割が重要になっていると指摘しています。
音声メッセージもご利用ください。
 http://www.nira.or.jp/president/message/index.html

□「シンクタンク情報2010」調査結果の概要について□
  NIRAは、国内の政策研究機関に関する総合的な情報源として「シンクタ
ンク情報」調査を毎年実施しています。2009年に実施した調査結果の概要を
「シンクタンク情報2010」調査結果の概要としてまとめました。
 http://www.nira.or.jp/pdf/tt2010_gaiyo.pdf

□研究プロジェクト開始□

◎ 新しい信頼関係の構築による国際競争力向上(仮)
本プロジェクトでは、これからの市場における取引関係において、どのような
信頼関係、信用・信頼のメカニズムを構築していくことが望ましいのか、あるいは
可能なのかを分析します。
 http://www.nira.or.jp/theme/entry/n100108_421.html

◎ 多様な選択肢で豊かな社会をつくる(仮)
本プロジェクトでは、複線型社会を実現し、人生のオプション価値を高めるためには、
どのような制度基盤が必要かを検討し、望ましい改革の方向性を提示します。
 http://www.nira.or.jp/theme/entry/n100108_420.html

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆
 □NIRAメールマガジンは無料で発行しています。
 ■広告等の掲載は一切受け付けていません。
 □バックナンバーは
    http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html
   をご覧ください。
 ■ご不要な場合には
  http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
  で受け付けています。もしくは下記のアドレスまで御連絡ください。
  emag@nira.or.jp

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

<発行/編集/お問合せ先>

(財)総合研究開発機構(NIRA) http://www.nira.or.jp/index.html
担当:メールマガジン担当 emag@nira.or.jp

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

このページのトップへ