利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー


      N┃I┃R┃A┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃ 
     ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
            Vol.57/2009年6月号

◆◇◆目 次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

1.TOPICS……… NIRA政策レビュー 第38号
2.研 究 動 向 ……… 研究開始「日本経済の中期展望プロジェクトⅡ
                       :少子高齢化と労働生産性」
                       研究開始「金融危機後に期待される日本の金融機関の姿」

◆◇◆TOPICS━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□NIRA政策レビュー□
 伊藤理事長編集「NIRA政策レビュー」は、最近の重要な政策課題を分析、
整理し、専門家の視点もあわせコンパクトに情報を提供します。

 ◎第38号 経済危機と雇用政策
  (5月20日発行)
  http://www.nira.or.jp/pdf/review38.pdf

<バックナンバーはこちら>
  http://www.nira.or.jp/president/review/index.html

□研究開始□
日本経済の中期展望プロジェクトⅡ:少子高齢化と労働生産性
本研究では、日本経済の成長モデルを描くことを目的として、
「わが国の高齢化の進展が労働生産性に与える影響」について検討を行います。
 http://www.nira.or.jp/theme/entry/n090528_346.html

金融危機後に期待される日本の金融機関の姿
今次金融危機は、日本の金融機関にとってリスク管理をはじめとして、ビジネス
戦略や金融仲介機能、さらにはグローバル戦略という視点からも、そのあり方を
改めて検討します。
 http://www.nira.or.jp/theme/entry/n090528_355.html

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆

 □NIRAメールマガジンは無料で発行しています。
 ■広告等の掲載は一切受け付けていません。
 □バックナンバーは
    http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html
   をご覧ください。
 ■ご不要な場合には
  http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
  で受け付けています。もしくは下記のアドレスまで御連絡ください。
emag@nira.or.jp

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

<発行/編集/お問合せ先>

(財)総合研究開発機構(NIRA) http://www.nira.or.jp/index.html
担当:メールマガジン担当 emag@nira.or.jp

このページのトップへ