利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー


      N┃I┃R┃A┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃ 
     ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
            Vol.63/2009年12月号

◆◇◆目 次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

1.研究報告書等…………「高齢化は脅威か?―鍵握る向こう10年の生産性向上―」
                        「日本の医療は変えられる」
2.トピックス…………… 対談シリーズ第52回
                        「日本のシンクタンク情報データベース」の更新

◆◇◆研究報告書等━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

  ◎ NIRA研究報告書「高齢化は脅威か?―鍵握る向こう10年の生産性向上―」
は、高齢化の進展や人口の減少が、日本経済の生産性の先行きにどのような影響を
与えるのかを検討しました。
  http://www.nira.or.jp/outgoing/report/entry/n091127_412.html

  ◎ 医療の第一線で活躍する専門家の方々が、日本の医療問題解決への新たな
可能性をどこに見出そうとしているのか。伊藤理事長との対談を踏まえた論稿11編
からなる『日本の医療は変えられる』を、東洋経済新報社より刊行しました。
  http://www.nira.or.jp/outgoing/report/entry/n091203_416.html

◆◇◆トピックス━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□対談シリーズ□

 ◎ 第52回 「何のために」が問われる日本の情報基盤
 [ゲスト]慶應義塾大学環境情報学部長  村井 純氏
 [聞き手]総合研究開発機構 理事長 伊藤元重
 http://www.nira.or.jp/pdf/taidan52.pdf

  <バックナンバーはこちら>
 http://www.nira.or.jp/president/interview/index.html

□「日本のシンクタンク情報データベース」を更新しました□
 ◎ 国内の政策研究機関が実施した研究成果について毎年行っている
「シンクタンク情報」調査の結果を、「日本のシンクタンク情報データ
ベース」において公開しています。2008年度に終了した研究成果情報
と機関概要を公開しました。
  http://www.nira.or.jp/network/japan/index.html

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆
 □NIRAメールマガジンは無料で発行しています。
 ■広告等の掲載は一切受け付けていません。
 □バックナンバーは
    http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html
   をご覧ください。
 ■ご不要な場合には
  http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
  で受け付けています。もしくは下記のアドレスまで御連絡ください。
  emag@nira.or.jp

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

<発行/編集/お問合せ先>

(財)総合研究開発機構(NIRA) http://www.nira.or.jp/index.html
担当:メールマガジン担当 emag@nira.or.jp

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

このページのトップへ