利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー

      N┃I┃R┃A┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃ 
     ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
            Vol.49/2008年10月号

◆◇◆目 次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
1.TOPICS………  対談シリーズ第35回
             
2.研 究  動 向…………研究成果「社会経済構造の変化に対応した日本の統計制度
                                  に関する研究」
            研究開始「日本経済の活力を高めるためのアジア経済との連携」

◆◇◆     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□対談シリーズ□
 各界の第一線で活躍する方を迎えての「対談シリーズ」。

 ◎ 第35回 金融危機下の米・日経済をどう見るか
   クレディ・スイス証券 マネージング ディレクター  
                        チーフ・エコノミスト 白川 浩道氏
   総合研究開発機構 会長 牛尾 治朗、総合研究開発機構 理事長 伊藤 元重
 http://www.nira.or.jp/pdf/taidan35.pdf

  <対談シリーズバックナンバーはこちら>
 http://www.nira.or.jp/president/interview/index.html

◆◇◆研究動向━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□社会経済構造の変化に対応した日本の統計制度に関する研究□
 「社会経済構造の変化に対応した日本の統計制度に関する研究」の
   研究報告書等を公開しました。
http://www.nira.or.jp/theme/entry/n080516_222.html

◎エグゼクティブサマリ http://www.nira.or.jp/pdf/0803summary.pdf
◎研究報告書「統計改革への提言―『専門知と経験知の共有化』を目指して―」
http://www.nira.or.jp/pdf/0803report.pdf

□研究開始□
日本経済の活力を高めるためのアジア経済との連携
本研究では、「日本のあるべき姿」という大きなテーマに狙いを定め、
金融・農業・医療・教育・流通といった様々な国内的政策課題を、
国内の視点に留まらずグローバルな視点から捉え直します。
http://www.nira.or.jp/theme/entry/n081015_264.html

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆
 □NIRAメールマガジンは無料で発行しています。
 ■広告等の掲載は一切受け付けていません。
 □バックナンバーは
    http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html
   をご覧ください。
 ■ご不要な場合には
  http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
  で受け付けています。もしくは下記のアドレスまで御連絡ください。
  emag@nira.or.jp

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

<発行/編集/お問合せ先>

(財)総合研究開発機構(NIRA) http://www.nira.or.jp/index.html
担当:メールマガジン担当 emag@nira.or.jp

このページのトップへ